ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリは効果ない?口コミ

赤ちゃん・女性の為のDHAサプリであるハグラビ(Hug Lavie)を購入してみました。

このサプリメントは、妊娠初期~妊娠中・授乳中のママとその母乳を飲む

赤ちゃんに良いというなんとなくで購入して使っていました。

 

しかし、ハグラビのサプリに配合されている成分は

色々調べてみると実はとても自分の美容や赤ちゃんの発育のサポートに

は欠かせないという事がわかりました。

 

解説していきます。

 

ハグラビ(Hug Lavie)

 

ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリの成分について

 

まず、このハグラビ(Hug Lavie)サプリのメインの成分として

説明が必要なのが「DHA・EPA」という成分です。

 

 

ハグラビ(Hug Lavie)効果

 

DHAというと、魚からとれる栄養素で頭が良くなるw

程度の認識しかありませんでしたが

実は、女性の美や健康にも重要な栄養素なのです。

 

ですので、出産後であろうとなかろうと

基本的には、摂取するのが好ましいのですが

特に、妊娠初期~妊娠中・授乳中のママは意識して

積極的にとる必要があるわけです。

 

理由はコレです。

↓ ↓ ↓

ハグラビ(Hug Lavie)成分

 

つまり、ハグラビ(Hug Lavie)に含まれる

DHA・EPAは学習にも影響を与える栄養素であるので

(頭が良くなるという理解は間違っていない笑)

母乳を与える母親もしっかりと日常的に摂取する必要があります。

 

特に、妊娠中や授乳期は、赤ちゃんに栄養素がいきますから

1人だけではなく、赤ちゃんと自分の栄養を考える必要があります。

 

ちなみにですがこれがハグラビ(Hug Lavie)の原材料名です。

 

ハグラビ原材料名

 

続いて、栄養素の表示です。

 

ハグラビ栄養素2

 

 

ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリを実際に使ってみて口コミ

 

所でこのハグラビサプリ以外にも

DHAが摂取できるものはあるわけですが、なぜこれが良いというと

品質が他のサプリメントと比べて違う様です。

 

吸収しやすいオメガ3脂肪酸(DHA・EPA、αリノレン酸)を含んでいて

これは上記の原材料名の

DHA含有精製魚油、オーリブオイル、亜麻仁油、クリルオイルなど

が該当する様です。

 

丁度ここにも書いてある通りです。

 

↓ ↓ ↓

 

ハグラビ(Hug Lavie)ポイント

 

 

さてさて、実際にハグラビサプリメントを購入したわけですが、

↓ ↓ ↓

 

ハグラビ購入時

 

まず、送られてきたケースを空けて気がついたのは

一緒に入っていた冊子とかが可愛いのがまず印象に残りました^^

イラストがかわいいです。

 

ハグラビサプリメントと冊子

 

続いて、このハグラビというサプリメントですが

お召し上がり方として以下の様に書いてあります。

 

ハグラビ(Hug Lavie)お召し上がり方

 

一日に大体このハグラビを3粒程度、水やぬるま湯で

摂取するのが目安という事です。

ですので、これ通りに毎日、飲んでみました。

 

ハグラビサプリ形状

 

実際のサプリメントの形状ですが

この様に紅色で小さいので飲みやすいです。

 

間違ってかみ砕いてしまうと

凄いお魚の味がします(^^;

それだけ、DHAの含まれているという事でしょうが

普通に飲み込み分にはニオイまたは、味はしないので

誰でも苦なく召し上がる事ができると思います。

 

ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリの総評と販売購入先

 

このハグラビ(Hug Lavie)を一か月間飲み続けけていますが

具体的な効果については、サプリメントという性質上

実証するのは難しいのですが、

ただやはりDHA・EPAを

特に妊娠~授乳期まで、意識して効率良く摂取した方が

ママの健康や美容、赤ちゃんの発育をサポートしてくれる事

明白ですので、栄養を補助するという意味で使ってみて

損はないでしょう^^

 

 

. 品質の高い亜麻仁油とクリルオイルを使っている

. 一粒あたりのDHAの含有料

. 品質管理と安全検査

 

 

特に、ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリは

以上を考慮すると中途半端なサプリメントよりは

良いと思える次第です。

 

それから、初回購入限定ですが

凄い安い値段でこちら公式サイトでは購入できる

様ですので、まず試してみると良いと思います。

 

↓ ↓ ↓
ハグラビ(Hug Lavie)DHAサプリの公式サイト

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ